いちから始めるTOEIC

TOEICの特徴

TOEICの特徴は、なによりもまず評価方法にあると言えます。

TOEICには合格、不合格という判定はなく、スコア(点数)によって評価されます。スコアは 10点~990 点まであり、以下5つのレベル(ランク)に分けられています。

・レベルA:860点以上
Non-Nativeとして十分なコミュニケーション能力を持っている。
・レベルB:730~860点
どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている。
・レベルC:470~730点
日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュ ニケーションができる。
・レベルD:220~470点
通常会話で最低限のコミュニケーションができる。
・レベルE:10~220点
単純な単語、会話を理解できる。

出題内容はスピーキングとライティングの能力を含めたリスニングとリーディングで構成されており、総合的なコミュニケーション能力を評価できるように制作されています。

問題や説明はすべて英文で構成されており、マークシート方式で200問出題され、制限時間は2時間となっています。

TOEICは地域によりますが1年に8回実施されており、大学や専門学校など複数の受験会場が設けられています。

長文もマスターしたいTOEIC

苦手だと感じている人が多いのがTOEICの中でも長文の問題です。

やっぱり回答するにも読んで理解しないといけないので時間がかかりますし、難しい問題が多い様ですね。
でも、高得点を取りたいのであれば、逆に得点を稼ぎたい部分でもありますね。

少しでも苦手だと思っている人は、何度も反復練習をして得意になる様に頑張りたいですね。同じタイプの問題を数多くこなしていくと、傾向を掴む事もできるでしょう。

試験において長文はかなり時間が取られてしまう事も多いので、早く正確に理解でき、答えを導き出せる様にしておきたいですね。

長文を攻略して、ぜひTOEICハイスコアに一歩ずつ近づきましょう。

MENU

TOP TOEICの対策 手軽に利用できるドイツ語翻訳

ページトップ