いちから始めるTOEIC

TOEICの対策

TOEICを勉強するための教材は数多く出版されています。

書店だけでなく、インターネットでも数多くの対策本や過去の問題集などが取り扱われていますので、まずはその中から自分が勉強しやすい教材を選ぶということが必要となってきます。

また、人それぞれ学習の進め方には違いがあります。1つのやり方に凝り固まるのではなく、インターネットの情報交換サイトやSNSを利用し、多くの情報の中から自分にあった勉強方法を探していきましょう。

こちらではTOEICの勉強方法やその利点をご紹介していきます。

・過去の試験問題、模擬テストを解く
問題の傾向や形式を覚えることで、スムーズに試験を進めることができます。特にリーディングセクションは問題数が多いので、事前にテスト内の時間配分を計算し、落ち着いて試験に挑めるよう準備しておきましょう。

・CD教材やラジオで放送されている英語学習番組を活用する
通勤、通学中の電車の中や、家事の途中に聞き流すことで、時間を有効に使うことができます。

・海外ドラマや映画、洋楽を字幕なしで鑑賞する
気晴らし感覚で日常的な英語と親しみながら、よりネイティブに近いコミュニケーション能力を養うことができます。

・友人や家族と英語で会話をする
コミュニケーション能力を養うための一番の近道は、何より実践にある言えます。周囲の人に協力してもらいながら、少しずつ練習していきましょう。

TOEIC勉強法を変えないでずっと同じ方法で学ぶ

このまま同じTOEIC勉強法で学び続けると結果が出せそうだという時にはぜひ継続して同じやり方で勉強を続けていきたいですね。

TOEIC勉強法や効率にばかりこだわって、結局勉強をするという部分がしっかりとできていないと、頭に入っていないという事もあるでしょう。勉強の方法を変えないで継続すると、一冊のテキストを最後まで行う事ができたり、また何度も繰り返し同じ勉強をする事で、忘れない様にする事もできるでしょう。

飽きてしまったり、マンネリ化しない様に注意して、がまん強く同じ勉強方法を続けるというのも時にはスキルアップに必要な事もあるでしょう。

状況に応じて勉強方法を考えましょう。

何度も繰り返して行うTOEIC勉強法

英語の単語などは一度では覚えられない事も多いでしょう。
特に高得点を取るために必要な単語は複雑で長い物もたくさんあります。

しかし、スペルが試験で問われる事がないため、スペルを確実に覚えるというTOEIC勉強法は非効率と言えるかもしれません。

それよりも問題の中で出てくる知らない単語を繰り返し頭に入れる事で意味を暗記したり、長い英文の読解力を身につける方がより効率がいいTOEIC勉強法と言えそうですね。

TOEICのスコアが満点であっても、ペラペラに話せない人もいる様です。
英語のすべてを完璧にする必要はなく、あくまでも試験で高得点を取るという事にフォーカスを当てて勉強しましょう。

ページトップ